虫歯のお話し(予防歯科)|乳歯は大切に!?



乳歯は大切に

乳歯(子供の歯)はいずれ抜けてしまうからむし歯になっ
てもいいや、って思っていませんか?



それは間違いです。乳歯は成長していく過程でとても重要な役割を果たします。



  1. かむことがアゴの成長を促進し、永久歯(大人の歯)がはえるためのしっかりとした土台をつくります。乳歯がむし歯で、充分にかむことができなければ小さいアゴとなり、歯並びが悪く なります。また、胃腸が弱い大人になってしまいます。

  2. 乳歯は永久歯がはえてくるまでのスペースの確保を行っています。乳歯がむし歯になることで幅が小さくなれば、奥歯が前に倒れてくることで永久歯が生えるスペースがなくなってしまいます。その結果、歯並びが悪くなります。

  3. 早期に乳歯が抜けてしまうと、息がもれるため、発音が十分に学べません。

  4. はえたての永久歯は未熟でやわらかく、歯磨きも上手にできないことが多いのでとてもむし歯になりやすいです。乳歯にむし歯があるとお口の中はむし歯菌がいっぱい。永久歯は、はえるとすぐにむし歯菌の多い環境の中に突入していくのですぐにむし歯になってしまいます。


つまり、すべて永久歯の歯並びに悪影響をもたらします。


お忙しいと思いますが1日1回、お母さん、お父さんが仕上げ磨きをしてあげましょ う。




キシリトール ごうだ歯科 審美・インプラントセンター



知っ得情報