虫歯のお話し(予防歯科)|仕上げ磨きのすすめ



虫歯のお話し(予防歯科)

 生後 6 ヵ月くらいに下の前歯が生え始めます。この時期にはガーゼや綿棒で拭く程度で十分です。 7 ヵ月の後半頃に上の前歯が生え始めます。この時期から歯ブラシに切り替えるようにします。 ひざまくらに仰向けにした状態で磨くと良いでしょう。何本もまとめて磨くのではなく、1本ずつ磨くようにします。 時間をかけると嫌がりますので、手早く磨いていきます。歯磨き粉は無理につける必要はありません。 歯磨き粉の混じった唾を飲み込むと苦しくなってしまいます。コップに水を入れておき、歯ブラシをゆすぎながら使うと便利です。 歯磨き粉はうがいもきちんとできるようになってから使い始めると良いでしょう。


 だいたい、3~4 歳から自分で歯ブラシは持てるようになりますが、口の中で歯ブラシを動かすことと、きちんと歯が磨けていることは違います。自分できちんと磨けるようになるのは 7~8 歳以降であると言われています(ただし、磨けるようになる時期には個人差があります)。教科書的には 4~5 歳くらいまではお母さんが磨いてあげ、それ以降は自分で磨いた後にきちんと磨けているかチェッ クしてあげるようにするのが良いと言われています。


 6 歳以降には永久歯が生え始め、乳歯と交換していきます。歯並びの高さが不ぞろいになるため、でこぼこ部分にも歯ブラシがきちんと当たるように教えてあげることが大切です。



 それぞれのライフスタイルがありますので、理想的に行なっていくのは難しいかもしれません。できる範囲の中で、無理なく工夫していくことも大切であるといえます。





むし歯のできやすい部分



 研究によって多少異なりますが、乳歯で 50%以上が虫歯になっているものは 3 歳児では上の前歯(61.2%)、次いで下の奥歯(51.5%)です。6 歳児では下の奥歯(83.4%)、上の前歯(72.4%)、上の奥歯(61.8%)の順になります。




キシリトール ごうだ歯科 審美・インプラントセンター



知っ得情報