虫歯のお話し(予防歯科)

むし歯を防ぐにはどうしたらいい?

予防歯科

口に中はどんなにきれいにみがいても細菌がすんでいます。
その細菌は私たちと同じようにごはんを食べ、うんこをします。
そのうんこがねばねばした膜となって歯の表面に張り付きます。
これをバイオフィルムといいます。
このバイオフィルムにさらに汚れがつき、むし歯が進んだり、歯石となり、歯周病が進行します。


細菌にえさを与えない。つまり毎日の歯みがきをしっかり行います。バイオフィルムは歯みがきではとることができません。 歯科医院で器械を用いて、表面を磨きあげます。その後、フッ素をぬり、再びつくのを予防します。


(PMTC)このバイオフィルムが形成され、悪さを始めるのが約3ヶ月です。 したがって3ヶ月ごとに PMTC(定期検診)を行うことが重要です。


予防歯科

これはお子さんに関しても同じです。
お子さんの場合はお菓子など間食をすることが多く、歯みがきも上手にできないことが多いですね。
毎日の歯みがき、お父さん、お母さんによる仕上げみがき、だらだらおやつをやめ、決まった時間におやつを食べる。
歯科医院での3ヶ月ごとの検診、器械によるポリッシング、およびフッ素塗布。
歯は一度削ると弱くなります。金属のかぶせ物やセラミックで治したとしても天然の歯にはかないません。
私たちは皆さんの大切な歯をできるだけ削りたくありません。




キシリトール ごうだ歯科 審美・インプラントセンター



知っ得情報