虫歯のお話し(予防歯科)|ほわっつフッ素

初めての永久歯、6歳臼歯を守ろう
6歳臼歯
6歳頃になると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の 永久歯が生えてきます。このはの名前は「第一大 臼歯」で、一番大きく噛む力が最も強い大切なは です。また、6歳頃に生えるので「6歳臼歯」と も呼ばれています。
6歳臼歯はむし歯になりやすい
① 奥に生えてくるので、最初は気が付きにくい。
② 少し傾いて生えてくるので、歯と歯の間に食べカスが入りやすい。
③ 歯の噛み合わせ面の溝が深く、食べカスがたまりやすい。
④ 歯ブラシがとどきにくいので、食べカスが残りやすい。


6歳臼歯をむし歯から守るために
6歳臼歯のむし歯予防には、本人、お母さん、歯科医の協力が必要です。

○ ていねいににみがく
○ 仕上げみがきをする
○ 歯科医に予防してもらう



キシリトール ごうだ歯科 審美・インプラントセンター



知っ得情報