歯並びのお話(小児矯正)

Q.
どうして歯並びが悪くなるの?
A.
パパやママと顔だちや体型が似ているように、歯の大きさやあごの形も遺伝します。例えばパパが受け口だと、子供も受け口になりやすい、という具合。生まれつき歯の数が足りなかったり、逆に多すぎる場合も、遺伝の影響が大きいです。
ハンバーグやポテトサラダなど、やわらかいものばかり食べていると、あごが大きく丈夫に育たない。その結果、歯がきちんと並びきらなくなって、デコボコしやすくなります。
乳歯は永久歯がきちんとした位置に生えるための道案内役。だから、ひどいむし歯をそのままにしたり、抜けたままにしていると永久歯がナナメにはえたり、 ズレてはえたり・・・。これだと歯並びが悪くなるだけではなく噛み合せも狂ってきます。 もしむし歯ができたら早めに治療しておくことが大切です。
口で呼吸していると、いつも口をあけているために歯をくちびるで押さえる力が弱くなったり、舌の位置が変わったり、筋肉のバランスがくずれて、開咬や出っ歯の原因になることもあります。また、前歯で下くちびるを噛んだり、片方ばかりほおづえをつくクセも、長く続けると咬み合わせが悪くなったり、下あごをゆがめることがあるので気をつけてください。


Q.
乳歯の時はきれいな歯並びだったのに、どうして生え変わるとデコボコの歯並びになるの?
A.
永久歯は乳歯よりも幅が大きいです。乳歯列のときのすき間を利用して永久歯が正常な位置にはえそろいます。逆に乳歯のときにすき間があるほど永久歯がきちんとならびやすいです。矯正を考える時期としては一般的に小学1~3年生が適当です。それまではむし歯をつくらないこと、あごの発達を促進させる硬い食事をとることが大切です。


Q.
矯正治療はいつはじめるのがいいんですか?
A.
一般に矯正治療は永久歯が生えそろってから始めるものと考えられがちですが、決してそうではありません。悪いかみ合わせは乳歯の時期にも、乳歯から永久歯に生え変わる時期にも起きますし、 きれいな歯並びを阻害する要因が発見されたとき、タイミングよく治療しておけば、後に長期的な矯正治療をしなくてもすんだのにと考えられるケースはたくさんあります。


※矯正専門医と連携しています。



指しゃぶりやめられるかな?